ダンスでいこう!! 2024
札幌『サッポロコレオ2024』参加者募集!

■日程:11月12日(火)~11月17日(日)
■会場:ターミナルプラザことにPATOS
■メンター:きたまり、平原慎太郎 
■ゲストアーティスト:鈴木涼子(美術)高橋正和(照明)田仲ハル(舞踏)

―作品についてアーティストやプロデューサー、観客と対話を重ねる
―講師と受講者という立場ではなく、作家と作家の対等な会話がベースになる
―作家の希望にできるだけ寄り添う柔軟性のあるプログラム

プログラム詳細 https://choreographers.jcdn.org/program/d24_sapporo

募集〆切

2024年7月15日(月)

募集地域

全国、北海道

募集対象

要綱に記載

応募要項

【対象・定員等】

◆募集A「日本の振付家」
・自作品に異なる視点や客観性を加えて、作品をブラッシュアップしたい方
・自身の活動地域とは異なる地域のアーティスト、プロデューサー、観客と作品を通して交流をはかりたい方
・他地域のダンサーと創作をしたい方(任意)
・作品の言語化

対象者:日本国内で活動している意欲的な振付家。
定員:1組
制作費:作品制作費として、10万円を支給。宿泊などの相談にのることは可能。

◆募集B「北海道の振付家」
・自作品に異なる視点や客観性を加えて、作品をブラッシュアップしたい方
・他地域に作品をもっていく意欲のある方

対象者:北海道内で活動している意欲的な振付家。
定員:1-2組
作品制作費として、4万円を支給

◆募集C「創作立ち会い人」
・振付に興味はあるけれども、まだ作品を自分で作る自信のない方
・他者の創作過程に立ち会ってみたい方

対象者:創作現場に立ち会いたいダンサー、アーティスト
定員:8名
※全日参加ではなくスポット参加でも可能

【条件】
募集A、Bともに
・過去に作品を1作品以上、上演していること。
・全日程に参加できること。

―――

■プログラムの内容:
各自が作品を持ちより、作品についてアーティストやプロデューサー、観客と対話を重ねながら作品をもうひとつ上のレベルに引き上げることを目的とする。
内容は各自の希望を最大限尊重し、対話を重ねながら柔軟に組み立てていく。

11月12日~14日 メンターが立ち会い、作品をブラッシュアップする時間。
毎日日替わりで美術、舞踏、照明のアーティストが訪れるので、そこでお互いの作品や創作について語り合う。あくまでも作家同士の対等な会話となる。
11月15日 ワークインプログレスをPATOSにて上演。最低限のテクニカル。
11月17日 コンカリーニョにて開催されるダンス公演「Choreographers」にて上演、ただしテクニカルは最低限。

―――

■受講料 なし

■選考委員や選考のポイント 意欲的な方

■申込受付期間 2024年6月15日~7月15日まで

■応募方法 後日発表

■問合 dance@conte-sapporo.com