振付家を目指す若手を対象とした各地のプログラム:ダンスでいこう!! 2023

全国+北九州:
短期集中ゼミ『振付を探る9日間の冒険』

―歴史・動き・音楽・構成・法則―

運営:ピカラック、JCDN

連続講座:オンライン4回 2024年11月4・11・18・25日(月)19:30―21:00
対面ワークショップ:9日間 2024年11月30日(土)~12月8日(日)

対面ワークショップ会場:J:COM北九州芸術劇場 創造工房・稽古場 

講師:チョン・ヨンドゥ(JONG YOUNG-DOO)/韓国
ゲスト講師:スーザン・バージュ(Susan Buirge)/仏

 『舞踊(ダンス)とは何か?振付家とはどのような職業なのか? 舞踊(ダンス)が消えずにまだ存在する理由は何なのか? 私は何が好きなのか…これらの質問に答えを見つけるのは簡単なことではない。様々な宗教があるように、各アーティストによって答えを追求する表現方法は異なるだろう。問いかけは、習慣として日常的に行わなければならない。なぜなら、この質問に自ら答えようとするとき、自然に自分の芸術観、人生観、舞踊観が作られ、その結果が他の人とは異なる表現方法として舞台に現れるからだ。 振付家:チョン・ヨンドゥ』

 韓国を代表する振付家チョン・ヨンドゥによるオンラインと対面による振付ワークショップを新たに北九州でスタートします。
 対象は、将来振付作品をつくってみたい高校生から、概ね40歳以下で振付の基礎的な学びを深める機会を探している人を全国から募集します。(会場となる北九州周辺在住の方を優先し選考)

 このワークショップでは映像やお話しも交えて「舞踊とは何か?振付家とはどのような職業なのか? 舞踊が消えずにまだ存在する理由は何なのか? 私は何が好きなのか…」といった根本的な問いから始まり、振付について考えるオンライン講座、更に対面で実際に振付を作っていくワークショップを行います。オンライン講座と対面ワークショップを合わせて、ダンスの歴史、音楽との関係性、動きのバリエーション、空間構成、時間構成など、振付に必要な要素を凝縮したプログラムです(期間が短いため、中でも動きのバリエーションを集中して行う予定です)。
 ワークショップの最終日には、参加者による振付作品のショーイングを行います。

 ダンス作品を作る人の中には、舞踊の歴史などを学ぶ機会がなく独自の方法で作り続けて、適切な批評を受ける機会に恵まれないなどで、創作に行き詰まりを感じている若手の方もいると思います。また、日本では大学や高校ダンスが盛んでダンス人口は多い反面、踊り手一人一人がダンスを創る機会や経験が少なく、社会人になってダンスをやめてしまう方も多くいます。そうした方に、この短期集中ゼミでダンスを創ることの面白さや奥深さ、その未知の世界を体験していただけることを願っています。
 

■プログラム内容

■連続講座:オンライン(zoom)4回 
2024年11月4・11・18・25日(月)19:30―21:00

<ダンスと振り付けの違い><身体と重力><具象と抽象><物語のある舞踊、 物語のない舞踊><ダンスと身体パフォーマンスと映像を中心に…><技術と舞踊>などのテーマで、映像を交えた講義。
※実際のテーマは直前に決まります。 ※オンライン講座のみの参加あり。

■対面ワークショップ:9日間 
2024年11月30日(土)~12月8日(日)
会場:J:COM北九州芸術劇場 創造工房・稽古場

1日のワークショップ内容(案):
[10:30⁻12:00]ウォームアップ、レクチャー
[13:00ー14:30/15:00ー18:00]動きのバリエーションについてのワークショップ、講義、各自の創作、見せ合い、フィードバックを繰り返す ※12月1日に、ゲスト講師のトークあり
[18:00以降]希望者は、各自の自主稽古 
※最終日に素明かりでショーイング ※一部通訳あり

■ゲスト講師による公開トーク
2024年12月1日(日)
会場:J:COM北九州芸術劇場 創造工房・稽古場
講師:スーザン・バージュ(Susan Buirge)/仏(北九州在住)
コンテンポラリーダンス創始者の一人。2013年から北九州市在住。チョン・ヨンドゥの師でもあり、交流が深い。
https://www.villakujoyama.jp/ja/resident/buirge-susan-

※通訳あり。 ※本トークのみ、一般公開します。詳細は今後、お知らせします。

 

■募集に関して
[対象]
・A)振付家としての演出力を高める機会を欲している概ね40才以下のダンサー・振付家。
・B)将来的に作品をつくろうとする、または作り始めている高校生~大学生。

[決定方法・定員]
・①連続講座のみ ②連続講座+対面ワークショップ参加者 の2パターンで全国公募。
・応募者多数の場合は書類選考(全ての日程に参加できる方、北九州周辺在住の方を優先して選出)
・「ダンスでいこう特待生」枠あり。
・AとB合わせて、連続講座は30名まで、対面ワークショップ参加者は、12名程度。

[受講料]
①連続講座のみ参加:8,000円 
②連続講座+対面ワークショップ:A)一般50,000円 B)学生等 20,000円(宿泊費別)

上記予定。詳細は決定後に「公募」ページにて公開します。


■現地制作・共同運営   
ピカラック(谷瀬未紀)

■協力 北九州芸術劇場

■企画・運営
NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
https://jcdn-web.org/

Artist / Speaker

アーティスト/スピーカー