Report/Survey

レポート/アンケート

参加者・受講生

Aokid

振付家・ダンサー

参加されたプログラムについて。発見したこと、吸収できたこと、振付家(または振付家を志している)の方は、特に今後の活動のプラスになったことなど。

あまり再演自体を何度かするということがなかったので京都での公演も含めると3回目の上演になり、場所も変えながらどのような対応力が作品自体に内包されているかも含めてやりながら知っていく機会になりました。
またコンペではなかった分、ショーケースということでの他の作家の方やスタッフの方とのやりとりを重ねることも大きかったように思います。
この全国でのショーケースということが最初の時点で把握出来ていなかったので、これが全国的に展開されるということが振付家間でどのようにしてか把握されることが出来るとたぶん意図されていたダンスコミュニティのネットワークの部分を強化する手立てになるのではないかと思いました。難しいところではありますが。

 

プログラムに対してのご意見・ご感想など。

また今回はトークのプログラムもうまく作用して充実したものになったと思います。中々ショーケースだけでは難しいところをどのようにプログラムや方法によってコミュニケーションを作っていけるか。また今はショーケースだけでなく、屋外で踊る人やただ上演という形以外でのダンスを模索されている方が増えてきているように感じます。それはコンテンポラリーダンスだからこそ、リーチ出来る抽象的な事物との関係の作り方だったり。そういうことは全国的に少なからずあるということとこのようなショーケースという古典的なプラットフォームとのバランスとかそういうことを考えたりしています。前よりも観客が減ったとかそういう話も聞きますが、既存のダンスではこぼれ落ちてしまう様々な事象に対応している作家が多くいるということは、このテクニックや知識というものを観客の人にも共有することが出来るはずでそのことこそが希望のように感じます。これまでの見るだけの観客から、参加して行くような観客などをどのように作れるかも最近の個人的な興味です。 
すばらしい継続をありがとうございます。 出来る範囲でまた協力できればと思います。気軽にこのネットワークを活躍していけないかとも思っています。